【元保育士も悩み中…】赤ちゃんの後追いについて

子育て

[st-kaiwa2]赤ちゃんってなんで後追いするんだろう?[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]後追いで困っているお母さんも多いよね!

実は私もその一人…

今実践中の対処方法を教えます![/st-kaiwa1]

 

結論から言うと、後追いが完全になくなる方法はありません!

成長と共に後追いがなくなるのを待つしかありません。

でも、大変な後追いを少し楽にする方法はありますよ!

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 後追いとは何か知りたい
  • 赤ちゃんの後追いに悩んでいる
  • 後追いの対処法を知りたい

 

 

後追いとは

赤ちゃんが、お母さん(お父さん)の姿が見えなくなると、泣きだしたり追いかけたりすることです。

9ヶ月頃から始まることが多いようです。

 

 

なぜ後追いするの?

赤ちゃんは、成長と共にお母さんという存在を認識し、

お母さんに愛着や信頼感が芽生え、特別な存在だとわかるようになります。

そのため、その特別なお母さんが視界からいなくなると不安になり、

泣きだしたり追いかけたりします。

なので、後追いは成長の証ということですね!

 

 

いつ後追いがなくなるの?

後追いは、目の前にお母さんの姿が見えなくても、お母さんはいる

とわかるようになると少しずつ減っていきます。

 

 

[st-kaiwa2]お母さんはずっと追いかけられるなんて大変だね。

トイレにも行けないんじゃない?[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]そうなんだよ。

赤ちゃんに泣かれて、トイレに行くのも大変という話もよく聞くよ![/st-kaiwa1]

 

 

後追いはどう対処すればいいの?

ポイントは3つ!

  1. 赤ちゃんから離れる時は声をかける。
  2. 赤ちゃんがお母さんの姿を確認できる環境を作る。
  3. 抱っこやおんぶして安心させる。

 

 

赤ちゃんから離れる時は声をかける

赤ちゃんがご機嫌だから、今のうちにこっそりトイレに行こう…

と、突然いなくなるのはNGです。

お母さんがいないことに気づいた赤ちゃんは、驚いて泣きだしてしまいます。

「〇〇ちゃん、ママトイレに行ってくるね!すぐ戻ってくるね!」

と、赤ちゃんに伝えましょう。そして戻ったら、

「戻ってきたよ!待っててくれてありがとう!」

と伝えて、抱きしめてあげましょう。

この繰り返しで、赤ちゃんは、お母さんは姿が見えなくなっても戻ってくる

と少しずつ理解できるようになります。

 

赤ちゃんがお母さんの姿を確認できる環境を作る

赤ちゃんに危険な場所は、入れないように扉を閉めたりゲートをつけている

家庭も多いのではないでしょうか。

例えば、ベビーゲートをつけているキッチン。

キッチンは危険がたくさんなので、入ってほしくないですよね。

ですが、後追いのひどいときは、一緒にキッチンに入り遊ばせておくのも手です。

十分安全には注意してくださいね。

赤ちゃん用のお玉やボウルを用意して遊ばせてあげると喜びますよ!

 

 

抱っこやおんぶをして安心させる

後追いがひどいときは、やはり抱っこやおんぶをして

お母さんはいなくならないよ、近くにいるよ

ということを伝えてあげましょう!

家事をするなら、抱っこ紐を使っておんぶするのがいいですね。

後追いがひどいときは、抱っこやおんぶばかりで

全然家事が進まない…とイライラしてしまいますよね。

そういう時は無理をせず出来る範囲での家事をするのが一番です。

 

 

[st-kaiwa1]我が家の1歳2か月の子どもも、絶賛後追い中です…!

今までは後追いはほとんどなかったのですが、1歳2か月になり突然やってきました。

後追いがはじまるとされる平均より遅い始まりですね。

今は、子どもの視界からいなくなるときは必ず声をかける、

キッチンを開放して足元で遊ばせながら料理をするようにしています。

家事は程々に、今しかない子どもとの時間を大切にすることを心がけています![/st-kaiwa1]

 

後追いが続くと大変ですね。でも、一つ言えるのは、いつか必ず終わります!!

後追いが終わるまで、無理せず頑張りましょう!