【保育士も実践する】子どもが片付けやすいおもちゃ収納

子育て

[st-kaiwa3]子どもが片付けしなくて、部屋がおもちゃだらけに…![/st-kaiwa3]

 

[st-kaiwa1]子どもは散らかすのが上手だからね。

でもそれって、子どもが片付けるのが下手な訳じゃなくて

片付けられない理由があるのかも?

保育園でも実践している、おもちゃを片付けやすくする工夫を教えるね![/st-kaiwa1]

 

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 子どもがおもちゃを片付けなくて困っている
  • おもちゃを片付けやすくする工夫が知りたい
  • 保育園でのおもちゃの片付け方、収納について知りたい

 

子ども達が室内で遊ぶときって、これでもか!という位、たくさんおもちゃを出しますよね。

一つ遊んだら片付けて、次のおもちゃを出す…そんなのが理想ですが、

そんなのはまず無理です!

思う存分遊ばせて、どうやったらスムーズに片付くかを考えましょう。

片付けのポイントはコレ!

 

  1. おもちゃの適量を見極める
  2. おもちゃの収納にふたをしない
  3. 収納場所を分かりやすく
  4. 子どもに任せず一緒に

 

 

[st-kaiwa1]それでは解説していきますね![/st-kaiwa1]

 

 

おもちゃの適量を見極める

家庭ではつい買い与えてしまって、おもちゃって増える一方ではないですか?

散らかる一番の原因は、

子どもが片付けできる量より多いおもちゃを出していることです!

保育園の部屋にあるおもちゃって、あれで全部ではありません。

子ども達に必要な量を保育士が選んで部屋に出し、

残りは子ども達から見えない所に片付けてあります。

定期的な見直しが片付けのポイントです。

 

 

おもちゃの収納にふたをしない

おもちゃをどんな収納に片付けるか、家庭によって違うと思いますが

保育園では基本的に、ふたのない箱に投げ込み式で片付けられるようにしています。

少ない工程で片付け出来たほうが子どもも片付けやすいので、

ふたの開け閉めがない方が片付けてくれる確率アップです。

ふたがなく中身が見えたほうが、何を入れるかすぐわかりますね。

 

 

収納場所を分かりやすく

片付けられないのは、片付ける場所が分かりにくいのかもしれません。

保育園では、おもちゃの箱に写真を貼り分かりやすくしています。

例えば、ブロックを入れる箱なら、そのブロックを写真に撮り箱に貼ります。

字の読める子なら、文字で「ブロック」と書いてもいいですが、

写真の方が見てすぐ分かるので、子どもにはおすすめです。

 

 

子どもに任せず一緒に

ついつい「片付けなさい」と口で言ってばかりになってしまいますが、

一人で片付けが出来るようになるのって結構大きくなってからです。

子どもって、「片付けてね」と言うより、「一緒に片付けようね」

と言うほうが、断然片づけをしてくれますよ!

一緒に片づけするのを繰り返していくことで、

片付けが習慣になります。

 

 

[st-kaiwa4]スムーズに片付けられるようになるには工夫が必要なんだね。[/st-kaiwa4]

 

[st-kaiwa1]そうだね。少しの工夫で片付けしやすくなるよ!

そして忙しくてつい「片付けて!」って注意するだけだったり

お母さんばかりが片付けしてしまったりしちゃうけど

お母さんと子どもが一緒にやることが大切だよ![/st-kaiwa1]

 

 

ぜひ試してみてくださいね!