【元保育士が教える】歯みがき嫌いの子も大丈夫!仕上げみがきのコツ

子育て

 

[st-kaiwa2]歯みがきを嫌がって仕上げみがきが出来ないけれどどうすればいいのかな?[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]歯みがきを嫌がる子、実は多いんだ!

でも少しのコツで仕上げみがきがやりやすくなるかも![/st-kaiwa1]

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 子どもが仕上げみがきを嫌がって困っている
  • 仕上げみがきをするときは、押さえつけてみがいている
  • 子どもに泣かれずに仕上げみがきをしたい

この記事では、仕上げみがきを嫌がる子への、歯みがきのコツを3つご紹介します!

少しのコツで、仕上げみがきが楽になるかもしれませんよ♪

仕上げみがきのコツ 3つはコレ!

  • 優しく!
  • 小刻みに!
  • 上唇小帯を避ける!

 

[st-kaiwa2]どうやるか詳しく知りたい![/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]それでは解説していきますね![/st-kaiwa1]

 

[st-step step_no=”1″]優しく磨こう![/st-step]

優しくみがくというのは基本中の基本なので

もうやってるよ!という人も多いと思いますが…

もう一度、力加減を見直してみましょう。

子どもの口の中は、大人が思う以上に敏感なんです!

大人には柔らかく感じる歯ブラシも、子どもには固く感じている場合もありますよ。

今よりもさらに優しく!を心がけましょう!

 

[st-step step_no=”2″]小刻みに歯ブラシを動かそう![/st-step]

仕上げみがきの時、歯ブラシの動かし方はどうやっていますか?

大きく動かしていませんか?

先ほどもお話した通り、子どもの口の中は敏感なので、

仕上げみがきの時は、歯以外の部分に触れないほうがいいんです。

出来るだけ小刻みに歯ブラシを動かして

歯以外の部分に触れないようにみがいてあげましょう!

 

[st-step step_no=”3″]上唇小帯を触らないようにみがこう![/st-step]

上唇小帯(じょうしんしょうたい)という言葉を初めて聞いた人もいるかも知れません。

上唇小帯とは、上唇と歯茎をつなぐ、「すじ」のことです。

この上唇小帯は、成長と共に歯茎の上の方に移動していきます。

お子さんと自分の上唇小帯を見比べて見ましょう!位置が違うはずです。

この上唇小帯に歯ブラシが当たることで痛みを感じ、歯みがきを嫌がる場合があります。

ですので、仕上げみがきをするときは上唇をめくり

歯ブラシを上唇小帯に当てないようにみがきましょう!

 

[st-kaiwa4]仕上げみがきにはコツがあるんだね![/st-kaiwa4]

[st-kaiwa1]そうなんだよ!

少しみがき方を変えるだけで仕上げみがきが楽になるかも![/st-kaiwa1]

仕上げみがきは毎日やるものなので

子どもに泣かれて嫌がられるのはつらいですよね…

この方法で少しでもスムーズに仕上げみがきができるといいですね。

ぜひ試してみてくださいね!