【にほんごであそぼ】リニューアルでショック!評判まとめ

テレビ番組

【にほんごであそぼ】リニューアルでショック!評判をまとめてみたいと思います。

Eテレの人気番組「にほんごであそぼ」が、2022年4月から大幅にリニューアルされ、ショックを受ける人が続出しているようです。

Eテレの「にほんごであそぼ」はどのようにリニューアルされたのでしょうか。

Eテレの「にほんごであそぼ」がリニューアルされ、ショックを受けた人達の口コミが気になりますね。

【にほんごであそぼ】リニューアルでショック!評判をまとめてみました。

「にほんごであそぼ」がリニューアル

2022年4月4日放送の「にほんごであそぼ」から、番組がリニューアルされています。

「にほんごであそぼ」と言えば、俳句・歌舞伎・能楽・浄瑠璃など日本の伝統芸能を取り上げ、その面白さを伝える番組として有名ですね。

2022年4月4日~放送の「にほんごであそぼ」では、ギタリストの布袋寅泰さんが作曲したテーマソングが流れています。

テーマソングから、今までのイメージとは一新されていますね。

 

また番組の新たな仲間として、言葉遊びが好きな「のはーな」が加わりました。

 

 

そして、2022年4月4日放送で取り上げられたのは、アメリカの作家エリック・カールさんの絵本「はらぺこあおむし」でした。

取り上げる題材が、日本文学ではなくなりましたね。

翌日の4月5日放送では、「限界突破」をキーワードに、限界突破の状態を表す言葉や動作を行うという内容でした。

エンディングでは、新しい仲間の「のはーな」が氷川きよしさんの「限界突破×サバイバー」を歌唱しました。

「限界突破」という言葉に「…まさか?」と思った人も多かったと思いますが、氷川きよしさんの「限界突破×サバイバー」が使われました。

さらに4月6日放送では、動物の絵に「君の名は?」と問いかけ、名前を答えるクイズあそびをしていました。

エンディングには、RADWIMPSが歌う「君の名は。」の映画主題歌「前前前世」が流れました。

今までの、日本文学を扱う「にほんごであそぼ」では考えられない題材が使われ、戸惑った人、ショックを受けた人もいるようですね。

 

「にほんごであそぼ」リニューアルでショック!評判は?

2022年4月4日から大幅リニューアルされ放送している「にほんごであそぼ」。

リニューアルされてショックを受けている人もいるようですが、実際の評判はどうなのでしょうか?

 

Twitterの声を調べてみたところ、リニューアルにショックを受けた人や、内容の大幅な変更を悲しむ声が多く見られました。

「にほんごであそぼ」で寿限無を覚えた人や、「にほんごであそぼ」で耳にしてい古典文学を大人になっても覚えていたという人もいました。

「にほんごであそぼ」は、放送20年目に突入した長寿番組なので、小さい頃見ていた人も多いですよね。

影響力が大きいだけに、ショックを受けた人も多かったようです。

しかし内容が完全に変わったわけではなく、今まで通り古典や名文も出てくるとのことなので、今後の放送に期待したいですね。

 

【にほんごであそぼ】リニューアルでショック!評判まとめ

  • 2022年4月4日放送分から、「にほんごであそぼ」が大幅リニューアルされた。
  • 「にほんごであそぼ」が大幅リニューアルされたことにショックを受ける人も多くいた。
  • 「にほんごであそぼ」のリニューアルについて評判を調べたところ、ショックを受けたり、今までの放送内容との違いに悲しむ声があった。