【保育園でも実践している】子どもが集中して食事をする方法!

子育て

[st-kaiwa2]子どもが食事の時に集中して食べないけど

どうすればいいのかな?[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]集中して食べられない理由があるんじゃないかな?

食事をするときの環境を見直してよう!

保育園での食事の様子も教えるね![/st-kaiwa1]

 

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 子どもが集中して食事をせず困っている
  • 集中して食事をする方法を知りたい
  • 保育園での食事の様子を知りたい

 

食事の悩みって色々ありますよね!

好き嫌いがある、食べるのに時間がかかる、姿勢が悪い…

今回は子どもが食事に集中できる環境作りについてお伝えします!

ポイントはコレ!

  1. 食事する場所の周りを片付ける
  2. ながら食べをさせない
  3. 足の裏を床につける
  4. 子どもの背中と椅子の背もたれの間をあけない

 

[st-kaiwa1]それでは解説していきますね![/st-kaiwa1]

 

食事する場所の周りを片付ける

保育園でお昼ご飯を食べる時、

まずは、お片付け→トイレに行く(オムツ替えをする)→手を洗う

という手順を踏んでから、お昼ご飯になります。

家庭でも、この流れを習慣付けるといいかもしれませんね。

中でも片づけは重要です!

ご飯を食べる場所の周りがおもちゃで散らかっていたら、

子どもの気が散ってしまいますね。

しっかり片づけをして、気が散らない環境を作っておくことが大切です。

 

 

ながら食べをさせない

ながら食べとは、テレビを見ながら、おもちゃを持ちながら等

何かをしながら食べることを言います。

家庭では、ついついテレビを見せながらご飯を食べる

という状況もあるのではないでしょうか?

ですがそれはNGです!

まだまだ小さい子ども達は、「テレビを見る」と「ご飯を食べる」

という2つの動作を一緒にすることはできません!

大人でも、どちらかに集中してしまいますよね。

ながら食べは絶対にやめましょう!

 

 

足の裏を床につける

お子さんはどんな場所で、どんな椅子で食事をしていますか?

家庭の環境によって様々だと思いますが、

保育園では、足の裏を床につけて食べることが重要としています。

理由としては、

・足がブラブラすると気が散る

・足の裏が床についていないと、しっかり踏ん張れずかむ力が弱くなる

からです。

意外と足の裏を床につけて食べるって重要なことなんです。

足がつかない環境で食べている場合どうする?

出来るだけ、低い椅子(ローチェア)で床に足がつくか、

足置きのついている椅子(ハイチェア)で食事をすることをおすすめします。

それでも少し足が届かない場合は、踏み台で調節してみてくださいね。

保育園では、牛乳パックに新聞紙を詰めたものをつなげて

踏み台代わりにしていましたよ。

 

 

子どもの背中と椅子の間をあけない

背中と椅子の間が空いていると、子どもが動いて

落ち着かない原因になってしまいます。

間が空いてしまう場合は、クッション等を隙間に入れてあげましょう。

保育園では、先ほど踏み台でも使用した、新聞紙を詰めた牛乳パックを

背中と椅子の間に挟んだりもします。

 

[st-kaiwa4]家でもできそうな内容だね![/st-kaiwa4]

[st-kaiwa1]そうなんだよ!

少しの工夫で食事に集中できるようになるんだよ![/st-kaiwa1]

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

コメント