【TOKYO MER~走る緊急救命室~】キャストは?原作はある?

テレビ番組

7月スタートのTBS日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』で、鈴木亮平さんが主演を務めることが決定しました。

この作品は、重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ命を救うために、危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描く医療ドラマです。

そこで、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』のキャスト、原作について調べてみました。

ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』読み方は?

 

新ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』。読み方は知っていますか?

「TOKYO MER」は、「トウキョウ エムイーアール」と読みます。

お間違いなく!

 

 

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』 キャストは?

 

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』のキャストはこちらです!

 

  • 鈴木亮平(役:喜多見幸太)…主人公。救命救急チーム「TOKYO MER」のリーダー。
  • 賀来賢人(役:音羽尚)…救命救急チーム「TOKYO MER」のメンバー。医系技官。
  • 中条あやみ(役:弦巻比奈)…MERチームのメンバー。新人研修医。
  • 要潤(役:千住幹生)…レスキュー隊の隊長。
  • 小手伸也(役:冬木治朗)…「TOKYO MER」のメンバー。麻酔科医。
  • 佐野勇斗(役:徳丸元一)…医療機器のスペシャリストの臨床⼯学技⼠
  • 菜々緒(役:蔵前夏梅)…「TOKYO MER」のメンバー。看護師。
  • 仲里依紗(役:高輪千晶)…循環器外科医。
  • 石田ゆり子(役:赤塚梓)…「TOKYO MER」の創設者。東京都知事。

 

主演の鈴木さんは、「TOKYO MER」のリーダーで、命懸けで救命にあたるスーパー救命救急医・喜多見幸太を演じます。

喜多見は驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医です。

 

賀来賢人さんは、鈴木亮平さん演じるチーフドクターのやり方に反発する、クールな医系技官を演じます。

 

中条あやみさんは、新人研修医役での出演です。

 

 

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』 原作は?

 

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の原作はなく、黒岩勉さんのオリジナル脚本です。

黒岩勉さんはこれまでに、TBS日曜劇場『グランメゾン東京』や『危険なビーナス』を手掛けています。

8トン車を6カ月かけて改造し作り出された、現場に駆けつける最新鋭の機材とオペ室を備えるTOKYO MERの専用車両「ERカー」もドラマの見どころということなので、楽しみですね。

 

 

 

SNSの評判は?

 

 

 

熱い役が似合う鈴木亮平さんが主演ということで、スーパー救命救急医役が似合う!という声が上がっていました!

 

 

まとめ

 

・7月スタートのTBS日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』で、鈴木亮平さんが主演を務める。

・主演の鈴木さんは、「TOKYO MER」のリーダーで、命懸けで救命にあたるスーパー救命救急医・喜多見幸太を演じる。

・原作はなく、『グランメゾン東京』や『危険なビーナス』を手掛けた、黒岩勉さんのオリジナル脚本。

・SNSでは、スーパー救命救急医役が鈴木さんに似合う!という声があった。