みいつけた!「ウキウキの木」がつまらないと言われる理由は?口コミまとめ

テレビ番組

2021年2月から始まった、NHKEテレ『みいつけた!』の新コーナー「ウキウキの木」。

ウキウキの木から落ちる葉っぱにかかれている言葉を、歌って踊って表現するというコーナーです。

しかし、そのウキウキの木のコーナーが、「つまらない」「いらない」と言われているようです。

そこで、なぜウキウキの木のコーナーが、つまらない・いらないと言われているのか、理由を調べてみました。

ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

ウキウキの木がつまらないと言われる理由

 

ウキウキの木の悪い口コミをまとめてみました。

 

 

ウキウキの木をよく思っていない人は、世界観やテイストが『みいつけた!』と違うので、違和感を覚えているようです。

そして、みいつけた!のメインキャラクターである、コッシー・スイちゃん・サボさんが出てこないコーナーなのです。

その違和感やメインキャラクターが出てこないことが、つまらないと言われ、受け入れられない原因の一つのようです。

私も初めてウキウキの木のコーナーを見た時は、息子に「ママ、テレビ違うのになったよ」と言われて、テレビを見たらウキウキの木だったという感じでした。

白くもやがかかったような画面の薄暗い森の中で、3人のダンサーが踊っている…知っているキャラクターが誰もいない…

確かに、『みいつけた!』のイメージとはかけ離れていて、初めて見ると驚きますね。

※追記…2021年6月10日放送から、白いもやのような演出がなくなり、森の雰囲気も明るくなりました!!

※追記…過去のものが放送される回もあり、白いもやがかった演出の放送回の時もあります。

 

 

ウキウキの木がいらないと言われる理由

 

ウキウキの木のコーナーはいらない!という声もあるようなので、理由を調べてみました。

 

 

どうやら、ウキウキの木を見ると怯えたり、大泣きする子がいるようです。

子供が怯えたり、大泣きするテレビ番組は見せたくないですよね。ウキウキの木がいらないと言われる原因は、これのようです。

私が見て感じたのは、踊っている男の人達が濃いメイクをしているので、子供が見たら怖がるだろうなということです。

我が家の4歳の息子は大丈夫でしたが、1歳の息子は怖がっていました。

 

 

 

ウキウキの木のいい口コミ

 

ウキウキの木のいい口コミもありました!

 

 

ウキウキの木のコーナーが好きな子もいるようです。

『みいつけた!』の対象年齢が4歳~6歳の子供ということもあり、対象年齢の子にはハマるのかもしれませんね!

踊っている男の子が上手という声もありました!

 

ウキウキの木のコーナーで踊っている人達は、この記事でまとめてあります。

 

ウキウキの木が変わった!?

2021年6月10日放送回から、ウキウキの木の雰囲気が変わりました。

バックが薄暗い森だったのが、明るい森になり、画面の白いもやのようなものがなくなり、明るいイメージになりました。

※追記…過去のものが放送される回もあり、白いもやがかった演出の放送回の時もあります。

怖がる子供が多いという声が反映されたのか、言葉のイメージに合わせたのかは分かりませんが、みいつけた!の雰囲気に近づいた気がしますね♪

SNSの口コミも、好意的なものが増えたように思います。

 

 

しかし、やはりウキウキの木のコーナーが苦手・違和感を覚える人も多く意見が分かれますね。

 

 

 

まとめ

 

・ウキウキの木は、世界観やテイストが『みいつけた!』と違うため、違和感を覚える人が多い。

・ウキウキの木を見て、怯えたり泣いたりする子がいるので、ウキウキのコーナーはいらないと言われているよう。

・ウキウキの木のいい口コミもあり、気に入っている子もいる。

追記

・2021年6月10日放送回から、バックの森が明るい雰囲気になり、白いもやのような演出もなくなり、明るいイメージになった。

・雰囲気が変わり好意的な声が多くあったが、やはり世界観が違うと思う人や怖がる子供がいるよう。

・過去のものが放送される回もあり、白いもやがかった演出の放送回の時もある。

 

みいつけた!のCDはこちら。